協会案内 > 日本コンチネンス協会概要

​日本コンチネンス協会概要

​団体名称

NPO法人日本コンチネンス協会

事務局所在地

〒101-0054  東京都千代田区神田錦町3-2 千代田印刷会館ANNEX05 CN508

  TEL:03-5259-8555  FAX:03-6368-3122  E-mail:jimukyoku@jcas.or.jp

​お問い合わせはこちら

役員

名誉会長

西村 かおる

顧問

阿曾 佳郎 太田 仁史 川嶋 みどり 松田 鈴夫 大洞 健史 浜田 きよ子 花岡 真佐子

​監事

ロバート A. コーネル 大科 宜子

理事

山西 哲郎(会長) 山崎 章恵(副会長) 
今西 里佳 二宮 里美 小島 みさお 清水 晶 関根 直紀 近石 昌子

会員(2021年7月31日現在)

個人会員:709名   
法人会員1:6施設   
法人会員2:24社 

活動目的

本協会は、排泄に障害を持つ当事者、ケアを提供する専門職だけでなく、すべての人に対して、排泄障害の予防や治療及び適切なケアマネジメントの推進に関する、教育活動、広報活動、支援活動を行い、すべての人が気持ちよく排泄できる社会づくりに貢献できることを目的としています。

定款

    こちらをご覧ください。

協会のあゆみ

1989年3月に、本協会の母体である「失禁勉強会」が始まりました。1990年3月には「コンチネンス研究会」を設立し、さらに各地域での充実した活動を目指し、1993年7月1日に「日本コンチネンス協会」に改組しました。その後2009年4月には特定非営利活動法人(NPO法人)として新たなスタートをきりました。

​    詳細はこちらをご覧ください。

本協会の機構図

%25E2%2598%2585NPO%25E6%25B3%2595%25E4%2

活動の概要

教育活動

教育活動の目的は、排泄ケアに関する知識・技術・態度を伝え、望ましい姿に変化できるようにすることです。排泄ケアに関心のある人々や排泄ケアの知識が必要な各種専門家やを対象に、排泄ケアの基本を学ぶ初級セミナー、実践力を身につける中級セミナーを実施しています。また、セラピストを対象としたセミナーやコンチネンスアドバイザー(排泄ケアの専門家)の養成を目指した上級セミナーも実施しています。この他に、各地域では学習会や事例検討会等も開催されています。

広報活動

広報活動の目的は、会員はじめ誰にでも分かりやく情報を伝達させ、排泄についての正しい知識を広く一般にいきわたらせることです。会員に対しては、機関誌「コンチネンスナウ」を発行して必要な情報を伝え、排泄ケアのネットワークの構築も目指しています。また、コンチネンス(排泄のコントロールがついている状態)という言葉が社会にポジティブに理解されることによって、悩みを抱える多くの人々への貢献も目指しています。その活動の一環としてコンチネンスケアマークの普及推進活動も行っています。

支援活動

支援活動の目的は、排泄に関する悩み・課題を持つ人に対して、解決の方向性を導き出すための支援を行うことです。1990年から始まった本協会の電話相談は、排泄の問題を抱える人々が、気軽に相談出来る窓口として重要な役割を担ってきました。最近は、相談内容も専門的で複雑担ってきています。また、コンチネンス月間・DAYというイベントでは、排泄の課題解決に結びつく情報を伝え、特別電話相談なども組み込み、排泄に課題を抱える人々を支援しています。