排泄用具の活用 > レベルC:寝たきりで座れない人の用具

レベルC:寝たきりで座れない人の用具

床上便器

 

26. 差し込み型

​機能と特徴

  • 臀部の体圧を分散して痛みや不安定感を減少する台部。

  • 介助者用のほかに、横に自分で操作できるグリップがある。

  • 褥瘡対応のパッド付。

​適応

  • 坐位はとれないが腰上げができる人。

  • 便意がある人。

使い方、使用上の注意

  • 仰臥位での排便で出にくい人は便器を差し込んだ後にベッドを約20度背あげすると楽に排便しやすい。

  • 男性の尿は尿瓶を併用。

27. ベッドパン型

​機能と特徴

  • 深く、サイズが大きい。

  • 収容量が多い。

  • 陰部洗浄にも使える。

​適応

  • 坐位はとれないが腰上げができる人。

  • 便意がある人。

  • 太って大きい人。

使い方、使用上の注意

  • 仰臥位で反り返る人は便器を差し込んだ後にベッドを約20度背あげすると楽に排便しやすい。

28. 腰上げしない型

​機能と特徴

  • ベッド上仰臥位で臀部を全く上げないで便と尿を採れる。

  • 男女兼用。

  • シンプル堅牢で洗いやすい。

​適応

  • 術後の安静や身体機能障害、体力低下で臀部挙上できない人。

  • 便意がある人が介助で使用する。

使い方、使用上の注意

  • 陰部下に挿入するときは、本器の受け口部を布団に押し付けながら救うように入れていく、排泄後はしずかに引き出す。

  • 肛門周辺の汚染が少ない。

29. ゴム型

​機能と特徴

太いゴムチューブを空気で膨らませるソフトな便座。臀部の下に敷いてからふくらませば、臀部を上げないで排泄できる。

​適応

  • 術後の安静や身体機能障害、体力低下で臀部挙上できない人。

  • 便意がある人。

使い方、使用上の注意

  • 排泄に長時間かかる人、臀部に褥瘡がある人は使いやすい。

  • 男性の尿は尿瓶を併用。

  • 洗いにくいので洗浄が大切。

自動排泄処理装置

 

30. カップ型

​カップ部

​機能と特徴

  • 陰部に装着した受容器内に排便、排尿があると直ちに温水洗浄後吸引して汚物はホースを通してタンクに収容される自動センサー方式。

  • 夜間装着を継続できる。

  • 仰臥位、約20度の背上げ位、約30度までの側臥位に対応できる製品もある。

​適応

  • 全介助で坐位が取れない人。

  • 夜間の頻繁な排泄で本人も介助者も排泄介助が苦しい人。

  • 便、尿の失禁にも対応できる。

使い方、使用上の注意

  • 柔らかいシリコンで縁取りしたカップと呼ぶ受容器に直接排泄できる型とカップの上に紙おむつを敷く型がある。ご本人の身体状況と介護者の状況をみてケアマネ、レンタル業者とも相談して選択する。

  • 排泄介助量は減少するが体位交換と語りかけを大切にする。

装着式集尿器・手持ち式集尿器

 

31. ベッド用集尿器

​機能と特徴

コンドーム式シースだが、緩めにはめるためペニスへの負担は少ない。

​適応

  • 尿失禁がある男性。

  • ペニス長が3cm以下の人は外れて使えない。

使い方、使用上の注意

ペニスが外れる人は、絶対にペニス根部を絞めることはしない。他の用具を検討する。

32. 貼付型尿器

​機能と特徴

  • パウチがペニスを締め付けないので、自然な排尿感で排尿できる。皮膚かぶれも少ない。

  • ペニス根部周辺に縁部を貼付するので外れにくい。

  • パウチは防臭性がある。

​適応

尿失禁があり、ペニスが陥没してコンドーム型などが使えない男性。

使い方、使用上の注意

  • 貼付部位の剃毛をする。

  • 3日おきくらいの交換が多い。

  • 同じく貼付型で女性用尿器、便用がある。便用は肛門周囲の汚染が少ない。

33. レシーバー型

​機能と特徴

  • ペニスを締め付けることなくムレにくい構造なので、スキントラブルの発生が少なく排尿感が良い。

  • 逆流防止用膜もセットできる。

  • 再利用式で経済的。

​適応

  • 神経疾患による尿失禁、機能性尿失禁、頻尿がある男性。

  • 仰臥位、背上げ位、側臥位対応。

使い方、使用上の注意

  • レシーバーにペニスの根部まで挿入して身体に装着する。

  • ペニス長が3cm以下の人の使用は難しい。

  • ラテックスアレレルギーの人も使用できる。

おむつ、パッド類

 

34. テープ型おむつ

​機能と特徴

  • 高分子ポリマーとパルプの吸収体を不織布で覆っている。吸収量が多く、品揃えが多い。

  • 足を通す手間がなく体型、サイズに対応して装着しやすい。

  • 立体ギャザーで横漏れ、背中もれしにくい。

​適応

  • 漏れ量が多い人。

  • 交換間隔を開けたい人。

使い方、使用上の注意

尿もれが多い箇所にパッドを置いて、パッドだけを交換する方法は、よく行われているが、この時、重ねで厚くなるので体と隙間ができないようにフィッテイングを工夫する。

35. 布型おむつ

​機能と特徴

  • 再利用できるので経済的、エコロジー。

  • 肌触りが良く、吸収性も早い。

  • 適切な時間に交換すればムレ、かぶれも少ない。

​適応

交換時間を守れる洗濯、乾燥ができる介護環境の人。

使い方、使用上の注意

  • 肌触りは快適だが、尿吸収量は多くないので適時の交換がいる。

  • おむつ類は陰部洗浄器と併用すると衛生的。

36. ひょうたん型

​機能と特徴

  • 高分子ポリマーとパルプの吸収体を不織布で覆っている。

  • 股間に合わせたひょうたん型なので体動でずれにくい。

  • さまざまな吸収量がそろっている。

​適応

  • 臥位、坐位、立位、それぞれに対応したサイズと吸収量のものを選択できる。

  • 鼠径部の痩せがない人。

使い方、使用上の注意

パッド固定用パンツ、ネットパンツなどと併用する。

37. シート型

​機能と特徴

  • 敷くおむつとして使用のほかおむつの横もれ対応、陰部洗浄やシャンプー時にも使える。

  • 股間が解放されるので陰部が蒸れにくい。

  • 紙おむつ約2枚分のサイズ。

​適応

  • 体動があまりない人。

  • 拘縮のため股関節があまり開かない人。

  • 陰部のムレ、かぶれが強い人

使い方、使用上の注意

敷くおむつとしての使用では、男性は上にも一枚かけるか、腰に巻く。

38. 便もれ対応シート

​機能と特徴

尿吸収パッドの上に置いて便を残して尿だけパッドに落とすシート。後処理しやすい。

​適応

尿パッドを使用して便失禁がある人。

使い方、使用上の注意

便と尿が分離されるので、廃棄する時も便利。

39. 前開き型パンツ

​機能と特徴

パンツを脱がずに前だけ開いてパッドを交換したり、尿器を差し込んだりできる。

​適応

仰臥位,長坐位、坐位で簡便にパッド交換や尿器の出し入れをしたい人。

使い方、使用上の注意

自立用としても介助用としても便利に使える。

40. おむつカバーオープン型

​機能と特徴

  • 前開き式で両脇を面ファスナーでとめる。

  • 股ぐり部をしっかり覆うので横漏れを防ぐ。

​適応

  • 布おむつを付ける。

  • 自分で装着したり調整をする人も便利。

使い方、使用上の注意

  • 臥位の人のおむつ交換が行いやすい。

  • ヒップ、股ぐり部のサイズを合わせて使う。

監修 ‐ NIDOインダストリアルデザイン事務所 代表取締役 石井賢俊(工業デザイナー、福祉用具プランナー)

引用 - 「QOLを高める特殊尿器の有効活用」公益財団法人テクノエイド協会。福祉用具シリーズ Vol.16 11~12頁の図
参考文献 - 「らくらく排泄ケア」自立を促す排泄用具選びのヒント。(株)メディカ出版