協会案内 > ネットワーク

ネットワーク

介護・介助、排泄ケアに関する国内外の団体・学会等一覧です。

日本国内の団体

この度の東日本大震災において行政や自衛隊などがなかなか行かれない小さな避難所をきめ細かくまわって災害支援を行っている団体です。支援の要請、支援のお申し出は是非こちらへご連絡ください。日本コンチネンス協会は、RQスタッフとともに支援物資の供給また避難場所、施設等を訪問しコンチネンスケアの支援を行っています。

日本オストミー協会は、オストメイト(人工肛門・人工膀胱保有者)が安心して暮らせる社会を目指しているオストメイトによるオストメイトのための障害者団体です。

福祉保険医療情報ネットワークです。介護保険関連の情報もあります。<br />
高齢者・障害者の在宅福祉サービス実施団体の情報、子育て支援に関する文献、子育て支援団体の情報、障害者スポーツに関する文献及び障害者スポーツ団体の情報等が検索できます。

福祉用具情報システム(TAIS)があります。内容はテクノエイド協会発行の福祉用具分類コードカタログをみることができます。このカタログは福祉用具全体が見ることができるので、専門家の間で重宝しています。内容は福祉用具分類コードにしたがって用具を分類し、全国福祉用具事業者協議会に登録された用具を紹介しています。その他福祉用具の選び方使い方情報、介護保険給付福祉用具情報、福祉用具開発者向情報、福祉用具専門職ガイド、出版案内等。

65歳未満で発症する認知症を若年性認知症と言います。本団体の活動目的は本人と介護家族が平穏に暮らせるように 次のことを目的として活動しています。

*専門職や市民を交えてお互いが交流支援する場を作ります。
*若年性認知症の理解を深める活動を行います。
*若年性認知症の福祉の充実を図る活動をします。
*若年性認知症の治療と介護の向上を図ります。

日本トイレ研究所

「トイレ」を通して社会をより良い方向へ変えていくことをコンセプトに活動しているNPOです。トイレから、環境、文化、教育、健康について考え、
すべての人が安心しトイレを利用でき、共に暮らせる社会づくりを目指します。

一般財団法人日本トイレ協会

トイレ文化の創出と快適なトイレ環境の創造、トイレに関する社会的課題の改善を目指しています。

海外の団体

ICS officeはInternational Continence Society (ICS:国際禁制学会)の公式ネットワークです。もちろん我らのJCASも日本からNETの仲間入りをしています。