排泄ケアの基礎知識

コンチネンスとは?

尿がでる仕組みのイラスト

排尿や排便が正常の状態を表す言葉を英語で「continence(コンチネンス)」と言います。日本語に訳すと「禁制」です。「失禁」は禁制の反対語で、意識しないであるいは意志に反して尿や便が漏れる状態をさす言葉で英語では「incontinence(インコンチネンス)」と言います。しかし、尿や便が漏れるだけでなく、出にくいのも大問題です。そこで、ここでは尿や便の失禁だけではなく出なくて困ることを含めて排泄障害ととらえ、対処方法を考えます。

尿や便はどこでできる?

尿がでる仕組みのイラスト

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱で溜められ、脳の指図によって、尿道から排出されます(泌尿器系・神経系)。
便は食物が口から入り、胃、小腸、大腸を経由し直腸に溜まり、脳の指図によって肛門から排出されます(消化器系・神経系)。手や足腰はトイレにいったり、トイレットペーパーを使うのに大切な役割をはたします(筋肉骨格系)。つまり、お尻の部分だけではなく、身体全体が関っています。

排尿障害の分類

排泄障害には尿と便があり、それぞれ漏れて困るものと出なくて困ります。また、頻繁にトイレにかようのも問題となります。

排尿障害
尿が漏れる
(尿失禁)
溜められずに漏れる
(蓄尿障害)
・咳やくしゃみで漏れる(腹圧性尿失禁)
・我慢できずに漏れる(切迫性尿失禁)
・神経の未発達で漏れる(夜尿症)
出にくくて漏れる
(排尿障害)
・出にくいので漏れる(溢流性尿失禁)
環境が悪いので漏れる
(環境障害)
・トイレが遠くて間に合わないで漏らす等
(機能性尿失禁)
尿が出にくい
(排尿困難)
神経の障害で出ない(神経因性膀胱)
排尿の回数が多い 1日10回以上、特に夜間にトイレにいく回数が多い(頻尿)
排便障害
便が漏れる
(便失禁)
我慢できずに漏れる
(蓄便障害)
・括約筋のゆるみ、下痢(腹圧性便失禁)
・下痢(切迫性便失禁)
出にくいので漏れる
(排便障害)
・便があふれ出る(溢流性便失禁)
・敢入便が溶けて流れでてくる(疑似性下痢)
環境が悪いので漏れる
(環境障害)
・トイレが遠くて間に合わないで漏らす等
(機能性便失禁)
水様の便が出る 便の水分が多くなり、便の形がなくなった状態(下痢)
便が出ない 便が固い、出すのに苦労する、何日も出ない(便秘)
排便の回数が多い トイレの回数が多い(頻便)

ページの上へ

排泄障害タイプ別症状と対処方法

腹圧性尿失禁
Stress incontinence
腹圧性尿失禁イラスト

・咳やくしゃみ、スポーツなどで腹圧がかかることをすると漏れる。
・骨盤内で子宮、膀胱が下がり、時にはこぶのように臓器が陰部より出ている感じがある。
軽少では、骨盤底筋訓練で効果がある

|対処方法|

切迫性尿失禁
Urge incontinence
切迫性尿失禁イラスト

・トイレに行きたいと感じたら漏れてしまう
・尿意を感じてから少しは我慢できるのだが、下着をおろしているうちに漏れてしまう
・冷たい水を使ったときや水の音を聞いた時に、急に尿意を感じる
薬剤使用で70%の効果がある。尿を溜める膀胱訓練も有効である

|対処方法|

溢流性尿失禁
Overflow incontinence
溢流性尿失禁イラスト

・排尿開始までに時間がかかる
・排尿に勢いがなく、ちょろちょろとしか出ない
・残尿感がある。夜もトイレが近かったり、漏れることもある
・尿意がはっきりしない
・お腹に力を入れないと尿が出ない
・尿が出にくいし、漏れることもある
薬剤による治療、残尿の除去、男性の場合前立腺の治療などの方法がある

|対処方法|

頻尿(症状)頻尿イラスト

・トイレが近い
・夜になったらトイレが近く、眠れなくて困る
・緊張したり、外出するとトイレが近くなる
薬剤使用が効果的。尿を溜める膀胱訓練も有効である

|対処方法は切迫性尿失禁を参照のこと|

機能性尿失禁
(ADL低下による)
Functional incontinence
機能性尿失禁イラスト1

・トイレまで間に合わない
・トイレが汚れて困る
・洋服が汚れる
・転倒の危険があって怖い
・臭い
・夜のおむつ交換が大変
・寝たきりだが良いおむつはないか
リハビリテーション、介護力、用具の活用、環境整備などの方法がある

|対処方法|

機能性尿失禁
(認知症によるもの)
機能性尿失禁イラスト2

・トイレと違う場所で排泄する
・トイレがわからないようだ
・トイレに誘うと怒る
・トイレが汚れて困る
・尿意がはっきりしないようだ
・見ると汚れているが本人は気がつかない
・お漏らしをみとめない
・おむつをとってしまう
・便をこねてしまう
介護力、用具の活用、環境整備などの方法がある

|対処方法はADL低下によるものを参照|

ページの上へ

対処方法 (腹圧性尿失禁)

腹圧性尿失禁と骨盤底筋体操

腹圧性尿失禁の治療は何と言っても骨盤底筋訓練が一番です。骨盤底筋とはお城を支える屋台骨の様に内蔵の重みを支えている筋肉ですが、尿道の開閉もこの筋肉をつかっています。だからこの筋肉を鍛えることで腹圧性尿失禁の改善がみられます。そのためには3カ月ぐらい続ける根気が必要ですが、3人中2人は必ず改善します。方法は簡単で誰でもできます。

骨盤底筋訓練は腹圧性尿失禁に有効です

・膀胱や尿道の支えを強くするために骨盤底筋という筋肉を自分で鍛える訓練を骨盤底筋訓練といいます。
・骨盤底筋訓練は自分でできる腹圧性尿失禁の治療法です。
・3カ月を目安にきちんとおこなうと3人中2人には効果がみられますが、この運動は治っても続けていく必要があります。
・ポイントは骨盤底筋のしめ方を正しく習得し、根気よく続けることです。
・切迫性尿失禁の人はこの体操をすることで、漏れがなおるというわけではありませんが、漏れそうになったとき、骨盤底筋をしめるとトイレに行くまでがまんするのに役に立ちます。

訓練のやり方

具体的には腹式呼吸や軽い準備体操で全身をリラックスさせて、肛門や尿道・膣だけを5秒間強くしめ、次いでゆっくりゆるめます。これを20回繰り返し、朝、昼、夕、寝る前と4回にわけて毎日行います。最初は5秒間でもしめておくのが、難しい人もいますが訓練により効果が現れます。姿勢は骨盤底筋を上手にしめたり、緩ませることができれば、どんな姿勢でも良いのですが、イラストを参考にして下さい。予防にもなるので、出産経験がある女性は習慣にするとよいでしょう。効果は早くて2週間位であらわれてきます。

いつでも、どんな姿勢でもできます

寝た姿勢イラスト 寝た姿勢 背筋をきたえるイラスト 背筋をきたえる
よつんばいイラスト よつんばい姿勢 腹筋をきたえるイラスト 腹筋をきたえる
机を使ってイラスト 机を使って 座った姿勢でイラスト座った姿勢で

※上記イラスト『女性の頻尿・尿失禁』コンチネンスジャパン(株)より引用転載

排泄障害タイプ別症状一覧へ戻る

ページの上へ

対処方法(切迫性尿失禁)

切迫性尿失禁と膀胱訓練

切迫性尿失禁にはトイレへ年中いっている頻尿がともなうことが多いのです。切迫性尿失禁の治療には薬が効果的ですが、薬は医師の診断が必要なので、相談するとよいでしょう。頻尿は膀胱が小さくなっている可能性が大きいので、膀胱を広げる訓練が役に立ちます。自分でできるので、トイレが近いひとはやってみるのがよいでしょう。

薬剤と膀胱訓練は切迫性尿失禁や頻尿に効果的です

膀胱は伸び縮みが比較的自由な袋です。もれが心配だからといって、早め早めにトイレに行く習慣を続けていると、膀胱はだんだん小さくなって尿がためにくくなります。逆に我慢すると膀胱は広がります。

尿意は波のように寄せたり、引いたりしながらだんだん強くなっていきます。なるべく尿意を我慢し、何度目か尿意が落ちついた所で急がず、我慢しながらトイレに行くようにします。毎日繰り返すと膀胱に少しずつ溜められるようになってゆきます。

はじめのうちは、5分から15分と徐々に我慢の時間をのばしていきます。一回の排尿量として200 ccから400 cc程度出せるまで訓練を続けます。3時間の間隔があけられるようになれば、排尿を自分の意志でコントロールできるようになったといえます。

膀胱訓練のためには1日1,200 ml〜1,600 ml程度の水分をとり、排尿間隔を少しずつのばすように心がけましょう。

また我慢できるようになるためには尿道をしめる筋肉(骨盤底筋)も強くなくてはいけません。肛門と一緒に、女性であれば膣、男性はペニス(尿道)を締めたり緩めたりする骨盤底筋訓練も同時に行います。

薬剤(抗コリン剤)の併用
薬のイラスト

膀胱訓練と薬剤を併用する方法です。薬剤は膀胱が勝手に縮もうとする反射を抑え、膀胱の容量をふやす抗コリン剤を使用します。膀胱訓練だけで我慢が困難な方は、泌尿器科医や一部の婦人科医、あるいはかかりつけの医師に相談しましょう。医師より薬の処方が出たら、これを内服することで尿の我慢が可能になり、理想量(250〜500 ml)の尿をためること(膀胱訓練)ができやすくなります。ただし、副作用には注意しましょう。

排泄障害タイプ別症状一覧へ戻る

ページの上へ

対処方法(溢流性尿失禁)

溢流性尿失禁と対処方法

尿が膀胱に残っていていっぱいになり、あふれてちょびちょび漏れるタイプを溢流性(いつりゅうせい)尿失禁と言いますが、なぜ溢れるのか原因をはっきりさせることが肝心です。なかでも尿を出しきれないで膀胱に残っている状態を"残尿がある"というのですが、残尿があると溜まった尿が細菌で汚染されやすいので、このタイプだと思ったらすぐに医師にみてもらうことが肝心です。

溢流性尿失禁の対処方法

おばあちゃんと孫のイラスト尿を出しきることが出来ないために残尿がもれてくるのが溢流性尿失禁です。対応方法は尿が出ない原因をとりのぞく治療と、残尿を無くす治療とがあります。

<尿道の閉塞を解決する>

尿道が狭かったり、途中で物が詰まっている場合、その原因を治療することができれば溢流性尿失禁も治ります。

例えば前立腺肥大であれば薬や大きくなった前立腺を削る治療です。

<残尿を無くす方法>

残尿のために溢流性尿失禁が起きるので、残尿を減らすことができれば尿失禁も治ります。

毎回尿を出しきるようにお腹を押したり、膀胱を縮ませる薬が有効な場合があります。どうしても残尿がある場合は、一日に3回から6回の割合で定期的に柔らかい管(カテーテル)を尿道から膀胱に入れて、その都度尿を取り除く「導尿法」を行います。病院で指導を受けて、あとは日常生活の中で自分で導尿を繰り返し行います(自己導尿)。自分でできない時は家族の人が行うこともあります。

排泄障害タイプ別症状一覧へ戻る

ページの上へ

対処方法(機能性失禁)

機能性失禁と対処方法

機能性失禁には便失禁も尿失禁もある。機能性失禁とは尿道、膀胱、直腸といった臓器が問題で失禁がおきるわけではなく、トイレまで遠いので間にあわないといった環境が原因でおきる失禁をいいます。このタイプには用具が大変役に立ちます。機能性失禁には足腰といった運動機能が衰えた場合と、認知症などによる精神機能が衰えた場合があります。年をとると両方が混ざって複雑になるが、よく理解して対処して欲しいと思います。

機能性失禁の対処のしかた

先生と患者のイラスト運動機能に問題がある場合

排泄に関係するいろいろな動作の中で、どこの部分がうまくいかないのか見極めることが基本です。この場合、下に述べているいくつかの原因が重なっている場合が多いので注意しましょう。

1)治療・機能回復訓練(リハビリテーション)
痛みの治療や筋力トレーニングなど、治療や機能訓練で治せるものは治します。専門家による評価(判断)が必要です。

2)トイレ動作の工夫
寝たきりの人でも、練習によって座ることや立つことができるようになる場合もあります。

3)介助方法の習得・工夫
介助の方法が分からなかったり、間違っているために失禁になっている場合には、介護者に適切な介助方法を提案します。

4)住環境の整備
手すりをつける、段差をなくす、トイレを改造するなど、住環境整備によってトイレ動作がしやすくなる場合があります。

5)福祉用具の活用
用具は様々な種類があり、手足の働きを補います。適切な用具を選択することがポイントです。

6)社会資源の活用
地域によって異なりますが、生活を支援する様々な制度が作られています。これを上手に利用します。

方法は一つに限られるものではありません。いろいろな可能性を考えてみましょう。

精神機能に問題がある場合

認知症などの精神機能障害おこるによって判断や認知力が低下している場合、その方のできることを探しながら介助をします。

1)トイレに行きたいサインを見つけましょう。
歩き回る、ポケットに手をつっこむなど、その方のトイレに行きたいサインがみつけられたらトイレに誘います(排泄誘導)。

2)トイレの表示をはっきりさせましょう。
トイレの場所がわからなかったり、間違って覚えている場合、トイレに「便所」と書いたり、明るくしてわかりやすいようにします。思い出すまでできるだけトイレまで連れていくようにします。

3)脱ぎ着しやすい服にします。
慣れた位置にボタンやチャックがある、といったご本人がわかる衣服に替えます。

4)便器の使い方を確認します。
便器の使い方がわからないようであれば、声をかけます。

5)後始末は自分でできているかどうか確認します。
拭いたり、流すことをを忘れているようであれば声かけしたり、助けます。
うまくできた時はかならずご本人が喜ぶ方法でほめることが基本です。

排泄障害タイプ別症状一覧へ戻る

ページの上へ

排便障害の症状と対処方法

便失禁
Fecal incontinence
便失禁イラスト

・お腹に力がかかった時に出てしまう(腹圧性便失禁)
・下痢などで急激に便意が催したときに我慢できずに出てしまう
(切迫性便失禁)
・もともと便秘があり、沢山溜まった状態のときに便があふれだす(溢流性便失禁)
・トイレの場所がわからない、歩けないために漏れる(機能性便失禁)
筋肉を鍛える骨盤底筋訓練をおこなう。薬剤で便を固くする

|対処方法|

便秘
Fecal incontinence
便秘イラスト

・便が固い
・何日も出ない
・毎日出ていてもウサギの糞のように固く水分が少ない
日頃の食生活を改善したり、規則的な排便の習慣をつける

|対処方法|

下痢
Fecal incontinence
下痢イラスト

・激しい腹痛や発熱があって水分の多い便が出る(急性の下痢)
・他の病気があって下痢がつづく(慢性の下痢)
急性の場合と慢性の場合と対処方法が異なるので注意が必要

|対処方法|

ページの上へ

対処方法(便失禁)

便失禁と対処方法

便失禁とは、自分の意志に反して、あるいは知らないうちに便が漏れ、問題になった状態を言います。尿以上に臭うため尿失禁より問題はさらに深刻です。いたずらに心配せず、色々な対処方法を行ってみてください。

機能性失禁の対処のしかた

困った顔のイラスト(1) 腹圧性便失禁

おなかに力が入った時に柔らかい便がもれ出るようであれば、便が柔らかくなる理由を確認してなるべく柔らかくならないようにします。場合によっては下痢止めなど飲み、便を固くしてからまとめてするともれにくくなります。
おなかに力が入った時に便の固まりが出てくるようであれば、きちんと定期的に便を出す習慣をつけます。肛門のゆるみを治す手術が有効なこともあるので、消化器外科、肛門科を受診します。
便の性状にかかわりなく、肛門をしめる骨盤底筋を鍛える骨盤底筋訓練を行います。

(2) 切迫性便失禁

急激に便意を催して間に合わない時のほとんどが下痢を伴っています。下痢を改善することが便失禁の改善にもなります。

(3) 溢流性便失禁

もともと便がたくさんたまっていることによって起こりますから、便を出し切ることが大切です。下剤、浣腸などによって便をすっきり出します。毎回それらの方法にたよらなくてすむように生活を整えます。

(4) 機能性便失禁

トイレの場所がわからなかったり、トイレまで歩けないために漏れるといったように、排便動作に関する判断、動きができないために漏れるタイプです。

排便のコントロールが難しい場合は受診しましょう。

排便障害症状一覧に戻る

ページの上へ

対処方法(便秘)

便秘と対処方法

高齢者に多いのは便秘です。大切なことは気持ち良く排便できる生活習慣をつけることです。便秘の改善方法として薬は補助的な手段として用い、日頃の食生活を改善したり、規則的な排便の習慣をつけることが大切です。

便秘と対処のしかた

トイレに座る男の子のイラスト(1) 一定の時間に目覚め、身体を動かす

ベッドやふとんから立ち上がると腸の運動が促され、大腸の中で便は肛門の方に動いていきます。

(2) 消化管の準備

休んでいた消化管を起こすために冷たい水や牛乳を飲むことは効果があります。また朝食の香りがただようと嗅覚によって刺激され、消化器の運動がはじまります。

(3) 毎朝きちんと朝食をとり、便意があったら必ずトイレに行くようにしましょう

朝食をとると、それまで休んでいた腸の運動が活発になり、大腸の中の便は直腸に運ばれます。直腸に便が降りると便意を感じます。朝の排便時間に余裕がないと、せっかくの便意(自然排便のチャンス)があっても我慢することになり、その結果、便意がなくなり、便秘につながります。

(4) 便の出やすい姿勢をとる

便が出やすい姿勢はひざと腰を十分に曲げた姿勢です。前屈みに座って、腹圧をかけやすい姿勢にします。寝たきりの場合でもできるだけベッドの背をあげるなどして排便しやすい姿勢をとることが大切です。さらに腹圧を加えると、便がスムーズに出やすくなります。

(5) よい便をつくるために必要なものを十分摂取しましょう。

・繊維質の食べ物

野菜、海藻、きのこ、果物(特にバナナ、プルーンなど) コンニャク

・腸内細菌のバランスを整える食べ物(ヨーグルトやオリゴ糖)

・水分を適度にとる(一日1200 ml〜1600 mlを目安にします。)

(6) 適度な運動

運動は腸の働きを助けます。運動ができない場合は、おへその回りをのの字を書くようにマッサージ して刺激しましょう。

排便障害症状一覧に戻る

ページの上へ

対処方法(下痢)

下痢と対処方法

急激な下痢はとまどうものです。そんなときはここを参照してください。慢性の下痢はうらに病気がかくされている場合があるので医師の診断を受けるようにしましょう。

下痢と対処のしかた

下痢で苦しむイラスト下痢は急性の下痢と慢性の下痢によって対応方法が異なります。

<急性の下痢>

急激な下痢の場合、絶食にして様子をみます。下痢が激しく、水分が足りなくなると脱水を起こし ますから、湯冷ましやスポーツドリンクなどを冷たくしないで飲みます。体を冷やさないようにし、 下痢が治まったら、刺激が少なく、消化の良い、暖かい食事を少しつづ食べます。
激しい腹痛や発熱などを伴う場合は感染性の下痢の可能性が高いですから、なるべく早く受診しま す。

<慢性の下痢>

慢性の下痢は病気が隠されていることが多いため、受診が必要です。診断がついたら、医師の指示 に従いますが、栄養障害を起こさないように野菜やとうふ、鳥肉などをよく煮た料理など、消化が良 く、栄養の高い食事をすることが大切です。

 

排便障害症状一覧に戻る

© 2013 日本コンチネンス協会 All rights reserved.