排泄用具の活用

おじいさんと孫膀胱や尿道などの臓器類が問題ではなく、運動機能や精神機能が問題で失禁がおこっている場合は用具や住宅環境を整えることで対処ができます。特に余のおむつのように用具類はなくてはならないものです。ここでは用具類について詳しく知って、実際の生活に役立ててください。また、用具を選ぶ前に高齢者のタイプ別イメージから、自分や家族のレベルに適した用具の選択をすると良いでしょう。

排泄動作からみた高齢者のタイプ Types of the Aged

排泄用具の分類

排泄用具は他の分野と異なり非常に数が多く、数えただけでも約1100種類を越えています。これらをすべて覚えるだけでも大変なので、始めに用具類を使用者の生活動作別に3種類に分け、それぞれに使用できる用具類を当てはめてみました。上位のレベルでは下位の用具はすべて使用できるので、その中から使用者の日常生活に合った用具を選択し生活のレベルを上げて頂くのが願いです。必要な用具部分をクリックすると、その用具の特徴が示され、さらに使い方が分かります。また、用具の分類方法は協会の分類と異なりますが、製品情報としてテクノエイド協会の福祉用具データーベースタイス(TAIS)とリンクしましたので一部の製品については詳しい仕様やメーカーの連絡先等を知ることができます。

福祉用具データベース タイス(TAIS)

高齢者でも失禁は治る可能性も高いので、漏れるからすぐにおむつと考えないで、治療の可能性も必ず配慮してから用具を選ぶことが大切です。

用具の選び方、使い方

レベルA 図 レベルA・移動ができる人の用具

便器・便座トイレアクセサリー|

レベルB 図 レベルB・座ることができる人の用具

ポーターブルトイレ差込み便器手持ち式収尿器失禁パンツ/紙おむつパンツタイプ

レベルC 図 レベルC・寝たきりで座れない人の用具

おむつパッドおむつカバー装着型収尿器

© 2013 日本コンチネンス協会 All rights reserved.