排泄ケア専門員の教育課程

NPO法人日本コンチネンス協会は、排泄ケア専門員(コンチネンスケアワーカー)を養成しています。排泄ケア専門員養成の教育課程は、コンチネンスケアの理念に基づき、「排泄(尿・便)の課題を持つ人に対して、その本人が望む生活を過ごせるように質の高いサービスを提供する」ための人材育成を目的としています。
排泄ケア専門員の養成課程として、「コンチネンス初級セミナー」、「コンチネンス中級セミナー」、「コンチネンス上級セミナー」を開催しています。それぞれのセミナーを修了すると、「コンチネンスメイト」、「コンチネンスリーダー」、「コンチネンスアドバイザー」として活動します。排泄ケア専門員の養成は3つの課程を段階的に実施しています。また、平成28年度診療報酬改定による排尿自立指導料のための排尿ケアチームの看護師に必要とされる所定の研修として、「コンチネンス中級セミナー追加研修」が認められました。これらの教育課程をフローチャートにしました。

また、NPO法人日本コンチネンス協会は電話相談事業として、電話相談員を養成しています。合わせて紹介しますのでご覧ください 。

認定排泄ケア専門員教育課程.pdf

© 2013 日本コンチネンス協会 All rights reserved.